騒音に悩まされている場合

突然、入居中の賃貸住宅から立ち退きを言い渡された!

突然、入居中の賃貸住宅から立ち退きを言い渡された! 賃貸住宅では、しばしば立ち退きを言い渡される場合があります。
立ち退きの理由としては、人的なものと環境的なものがあります。
人的な原因の主な例としては、アパートやマンションで近隣住民に過度に迷惑をかけてしまった場合などです。
例えば、部屋の中で生活しているときに、ドタバタと大きな足音を日常的に立てていて、下の階に住む住人に迷惑がかかってしまったり、部屋の中で大きな音を出して近隣の部屋に住む人に聞こえてしまったりすると、近隣住民の方から管理人に連絡がいき、注意を受けてしまう可能性があります。
この段階で生活を改善できれば良いのですが、改善できなかった場合は最悪の場合立ち退きを言い渡されてしまうこともあります。
環境的な要因としては、賃貸住宅の劣化や、何かしらの問題が起きたことによって、改修を行う必要が出て部屋を出なければならない場合です、この場合は、住宅の改修が終わるまでの仮の物件などを管理会社の方に提供してもらえる場合がほとんどです。

立ち退き料を支払わずに、立ち退き要請をされた!

立ち退き料を支払わずに、立ち退き要請をされた! 賃貸住宅に住んでいて、当該建物の立ち退きを要求された場合、これに素直に応じる必要は必ずしもありません。
借地借家法においては、契約の更新拒絶に「正当な事由」が要求されているため、これに伴って、立ち退き料を請求することもできます。
賃貸借契約は貸主・借主の信頼関係をベースにして、借主の生活の根拠を形成する契約ですから、このようにあ借主側の保護が法律上図られているのです。
もっとも、立ち退き料としていくらを要求するか、あるいは、貸主がいくら立ち退き料を支払うか、というのは非常に難しい問題です。
計算方法だけでも複数の方法が存在します。
基本的には相場価格と実際の賃料価格の差額に年数をかけて算出することになります。
個人であればさすがに数千万円という単位を要求することは困難ですが、借主側であれば、それなりに強気の交渉を法律を盾にしてみるのもいいでしょう。
不動産鑑定士に依頼するのが一番ですが、それには費用がかさみすぎます。

新着情報

◎2017/8/21

値下げ交渉は可能?
の情報を更新しました。

◎2017/5/29

賃貸アパートのトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/2/13

敷金が全額返ってくる条件
の情報を更新しました。

◎2017/1/18

契約時の内容と違っていた
の情報を更新しました。

「賃貸 立ち退き」
に関連するツイート
Twitter